SCENE RESEARCH STATION  
with my everyday
thinking-and-doctrine

*2006.12.10

Cell::PS3 Linuxのインストール

遅ればせながら、PS3にFC5を入れてみた。

まいにちいっしょのセーブデータが何故かコピーできず、
フォーマットとともに散ってしまったのが誤算でしたが、
とりあえずインストールは至極簡単。
そして、可も不可もない、至極普通のFedoraが入ります。

おさらいをしますと、
- FC5 on PS3 及び PPU/SPU の開発環境は無料で手に入る
- OS は全て hypervisor 上で動く
- hypervisor によってデバイスは仮想化されている、らしい
- RSX も hypervisor で隠蔽されており、直接叩けない
- 現在 RSX は使う方法は未公開


うーん、最初からxglとかが動いてれば、
デスクトップ環境としても、かなりインパクトのあるシステムになったと思うのだけどなあ

といっても、リモートで CELL で遊べれば、今のところは十分だから、
気にすることはない。


とかいいつつ、いつもの癖で apache と samba の設定をして、
無駄にサーバに成り果てたよ、うちのPS3は。

apache/2.2.0 on PlayStation3 !
www.cygx.mydns.jp:8080/~mnishibe/

アクセスできない時は、
僕が龍が如くをやってるか、
レジスタンスをやってるか、
のどちらかです。

つか、サーバ用にもう1台PS3買おうかな。

Cell::libspeプログラミング環境構築

addon disc の
/doc/ApplicationProgrammingEnvironment.html
を見るとやり方が書いてありますが、
日本語だと、 fixstars さんの wiki に詳しい説明があります(表題)。

といっても、指定の rpm を掻き集めて rpm -ivh *.rpm するだけです。
すると、spu-gcc や libspe が入るので、一通りの事ができるようになります。

最初は、PS3でHello,Worldプログラミングで、動作テストをすると良いでしょう。

というか、こんなページ書かなくても fixstars さんのところで全て済みますな。

しかし、addon disc に入ってる 20061107版 libspe2 の spe_context_run() で
argp と envp が渡されないバグがあったって、凄いな。
豪快すぎるんですが。

ozlabs.org/pipermail/cbe-oss-dev/2006-December/000682.html
↑あたりの新し目のlispe2-2.0.1を入れた方が良いかも。

と思ったら新しい add on disc 出てるじゃん。
ftp.uk.linux.org/pub/linux/Sony-PS3/

oldlog 99-00 00-01 01 01-02 02
newlog 2002 2003 2004 2005 2006 2007
category scene | 2ch | 麻雀

Copyright (C) 2003-2004 mitsuman(mnishibe at ertl.jp) All Rights Reserved.

750k+